忍者ブログ
お花が大好き、お洒落も大好き、いつも夢見る店長のひとりごと
| Admin | Res |
<< 03  2020/04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    05 >>
[3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

花といえば桜。
桜といえば染井吉野。
いよいよほころび始めました。

本当にこの季節、いっせいに咲いて街を明るくしているような感じさえします。
それに淡いピンクの花は、遠目には霞がかかったように見え、近くで見ても一輪一輪の花の可憐さに幸せを感じます。

何と言っても染井吉野が咲く頃は、何度も後戻りしていた気候が本格的に春モードになり、穏やかな暖かさの中でその花を眺められるのでホッとします。

そしてまた、咲いたらいつ散るのだろうか?と在原業平ばりに」気を揉んでしまうのですが・・・。

染井吉野ほどバックに青空が似合う花もないと思ってシャッターをきりました。



<バラ科・サクラ属>
PR
春の花は黄色、かと思っていましたが木に咲く花はピンクも多いですね。
梅、桃、桜、どれも白からピンクの花色を持つ木の花です。

これは、花桃。・・・なので、大きな種は出来ますが、それを包む果実は食べられないほど薄いものです。
また、桃の蕾はコロンとしていて可愛い!と思っていましたが、この桃の蕾はすこし尖って澄ました感じ。花も蕾も大きく、まさに花桃。



<バラ科・サクラ属>
かねてから噂には聞いていた河津桜に今年初めて出会えました。
染井吉野よりも花色が濃く、桃のピンクに近いような色でした。

その姿を覚えて、意識してみると意外とあちこちに植えられているのに驚きです。
静岡まで行かなくても見る事ができ、ちょっと得した気分。もちろん、河津町のような大きな木にはなっていませんが・・。

河津桜は立春すぎから咲き始め、寒い中一ヶ月くらい楽しむ事が出来ます。
今年は染井吉野を待つ間、河津桜を探して、少し早い春を楽しめました。



<バラ科・サクラ属>
外はまだまだ寒い季節ですが、晴れの日の室内はとても暖かく、ガラス越しの日差しを受けてオリズルランが次々と花をつけています。

六本のおしべに六枚の花びら。花びらは三枚ずつ形が違っています。
細くて綺麗な斑入りの葉がスッと伸びた根元から、力がつくとランナーがどんどん出てきます。
そして、一日だけ楽しませてくれる清楚な花が次々と咲きます。

植物のこんな力を目にすると元気が出てきます。
緑色の折り鶴たちから根が出てきたら、別の鉢にとってあげましょう。
窓辺からどんどん増えていきそうです。



<ユリ科・オリズルラン属>
陽だまりが嬉しいな!と感じる気候になると、まず存在感を表して来るのがこのおおいぬのふぐり。
道端のあちこちに瑠璃色の花を咲かせます。
この瑠璃色が本当にうれしくなってしまう綺麗な色で、まるで地上に空を映したみたい。
そういえば、‘そらみそう‘と言う名前も聞いた事があったっけ。

一日花で、午後の3時くらいになると花ごとコロンと落ちてしまいます。
お日様が大好きで、曇りや雨の日は咲きません。
咲く順番が、お天気の良くない日に当ってしまった花は「どうするのだろう・・・?」
とちょっと心配。

ネーミングは、実からの連想。漢字からご想像ください‘大犬の陰嚢‘。



<ゴマノハグサ科・クワガタソウ属>
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
moimoi
性別:
女性
自己紹介:


 リンクフリー

 輸入ランジェリー
最新CM
[08/28 moimoi]
[08/15 kanpuon001]
[01/02 moimoi]
[01/01 kanpyon001]
[10/18 moimoi]
検索サイト
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


人気ブログランキングへ
ブログ内検索
バーコード
P R
フリーエリア

Powered by Ninja Blog    Photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White    Template by Temp* factory
Copyright (c)Bouquet All Rights Reserved.


忍者ブログ [PR]