忍者ブログ
お花が大好き、お洒落も大好き、いつも夢見る店長のひとりごと
| Admin | Res |
<< 08  2019/09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    10 >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どの花もそうですが、あんなに小さな蕾の中にどうやってあんなに綺麗な花びらが、しわ一つなく折り畳まれて入っているのでしょう?!

 特に朝顔。
まるで、うすくて綺麗なシルクの布をパッと広げたように、花開きます。
それは朝の数時間だけのために育ってきた宝石のよう。



今回は、そんな朝顔の花だけをを贅沢に使って生けてみました。
器は、某コンビニのパフェのプラスチック容器。
透明なのが、涼しげです。
バックのピンクの花は、朝にはしぼんでしまう夜型のおしろいばな。 

生けてから気が付いたのですが、朝にはしぼんでしまう夜型の花と、朝の数時間しか咲かない朝型の花の、ほんのひと時の出会いがこの器の中にあるのだなと・・・。すごく贅沢をした気分になりました。

おしまいに、朝顔の花の中をのぞいてみましょう。
ハチでなくても誘われてしまいそうな、神秘!な感じです。
PR


10年くらい前から庭に咲いている花。
いくら調べても名前が解りませんでした。
・・・が、今回本腰を入れて調べようと思い、手持ちの図鑑を全部当ってみました。

しかし・・・どこにも載っていません。
世界中の植物が検索出来ると、信頼していた物からも手掛かりさえ掴めず・・。

次は、いつもお世話になっているお花のブログに当ってみることに。
名前から検索するのは簡単なのに、逆は至難の業。
「あ」から順番に写真を見て行き、 むらさきリュエリア という植物にあたりました。
「む」ですよ、「む」。
花は良く似ていますが葉の感じがちょっと違うので、科名を参考にさせてもらい、別なブログで キツネノマゴ科 を引き、蕾や葉がもっと似ているものはないかと写真を見ていくと、 リュエリア というのがよく似ています。

今度は、Yahoohでリュエリアを検索し(リュエリアっていっぱい種類があるんですね) リュエリア・トゥベローサ で同定しました。

やっと会えた! あなたは、リュエリア・トゥベローサ!

 
<ゴマノハグサ科・リュエリア属>

初めて見る球根ベコニアです。
danngoさんが一目惚れしたお花を、おみやげに買ってきてくれました。

素敵な花色。そして、葉の色もシックで素敵です。
名前は、アンジェリカ。
一番好きなチューリップもアンジェリケなので、ちょっと運命?を感じちゃいました。



押えた赤に花びらの縁がぼかしたようになっていて、雰囲気が優しくなり・・・



何色もの緑からなる葉の縁がまた花と同じ、優しいローズがかかっています。
ベコニアの葉って、左右非対称なんですよね。
ちょっと、片思い・・・?

この葉と花をずーっと眺めていたら、こんな柄の着物が欲しくなっちゃいました。
danngoさん、夢膨らむおみやげをありがとう!!
イギリス人の友達からとっても良い香りの化粧品をプレゼントされました。
美しいモクレンの絵が付いていて‘MAGUNORIA’ってかいてあります。
そのほかは、フランス語らしくちょっと難しい!
絵を指して、「これが、マグノリアなの?」と聞くと「そうだよ。」との答え。

それからずっとマグノリアは、モクレンだと思っていたのですが、先日泰山木(たいさんぼく)について調べていたらここにもマグノリアとあり、いったいどれが本当?とちょっと混乱。

・・・で、さらに調べてみたら  
タイサンボク   Magunoria gurandifulora
シモクレン    Magunoria quinquepeta
コブシ       Magunoria kobus
ホオ        Magunoria obovata    など

モクレン科のものは、みーんなマグノリアと付くのでした。
ただ、英語でMagunoriaと言われる植物はもくれん。英語圏の彼女の言ったとおりです。

面白かったのは、タイサンボクは英語で Southern magunoria コブシが Northern Japanese magunoriaと、南と北の名前が付いている事。分布などに意味があるのかな?また宿題が・・
毎年こぼれ種で咲く紫のビオラに混ざって、見た事のない花色のビオラが・・・?
こんな綺麗な色のビオラ植えた覚えもないし、と考えて、ふと思いついたのが昨年そこに植えたパンジー。
!!確かこんな色でした。虹色すみれとして買ってきた、径3cmほどの花。
虹のように綺麗な花でした。

う~ん、今年は縮小版か・・・。
なんだか複雑な気分ですが、なにも生えないよりは得したのかな?
良い交配種は、種で二年目に再生させるのは難しいでしょうから。

こんな綺麗なビオラはなかなか無いぞ、と思う事にしました。
来年は、どう出るのか虹色すみれ。



<スミレ科・スミレ属>
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
プロフィール
HN:
moimoi
性別:
女性
自己紹介:


 リンクフリー

 輸入ランジェリー
最新CM
[08/28 moimoi]
[08/15 kanpuon001]
[01/02 moimoi]
[01/01 kanpyon001]
[10/18 moimoi]
検索サイト
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


人気ブログランキングへ
ブログ内検索
バーコード
P R
フリーエリア

Powered by Ninja Blog    Photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White    Template by Temp* factory
Copyright (c)Bouquet All Rights Reserved.


忍者ブログ [PR]